つくってたべよう〜畑の元気を食卓に

ケークサレで父の日クッキング

2018.5.17
Recipe & Cooking/幼児食アドバイザー:松浦美喜
レシピ監修/比治山大学 健康栄養学部 実験助手 管理栄養士:三次舞
父の日には、お父さんと一緒に、ほうれん草を使ったおかずケーキを作りませんか。
赤と黄のパプリカ、緑のほうれん草、白い玉ねぎで、彩りも鮮やか。
「元気で頑張ってね!」とエールを送れば、お父さんが喜んでくれること、間違いなし!
お母さんにも分けてあげてね。

親子 de Cooking

父の日にほうれん草のおかずケーキ

材料(2人分)

マフィンカップ6個分
ほうれん草
1/2把
玉ねぎ
1/2個
パプリカ(赤)
1/2個
パプリカ(黄)
1/2個
ベーコン
2枚
1g
小麦粉
130g
粉チーズ
30g
ベーキングパウダー
5g
2個
牛乳
100cc
オリーブオイル
大さじ3

つくり方

  1. ほうれん草はざく切りにする。
  2. 玉ねぎとパプリカはくし型切りにし、ベーコンは1cm幅に切る。
  3. フライパンを熱し、ベーコンと玉ねぎを入れて炒める。
  4. さらにパプリカとほうれん草を加えて炒め、最後に塩を入れて味付けし、冷ましておく。
  5. ボウルに小麦粉、粉チーズ、ベーキングパウダーを入れてよく混ぜる。
  6. 別のボウルに卵を入れ溶きほぐし、オリーブオイル、牛乳を加えて混ぜる。 5を2回に分けて加えてさっくり混ぜ、4を加えて混ぜる。
  7. マフィンカップに生地を流し入れ、180度に予熱したオーブンで20分焼く。




    ★三次 舞(管理栄養士)のワンポイントアドバイス★
    厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、食塩相当量の1日の目標量は3~5歳の男子は4.0g未満、女子は4.5g未満であり、成人男性の8.0g未満、女性の7.0g未満の半分程度の量となっています。 このケークサレは親子で一緒に食べることを考え、子どもの食塩相当量を考慮したレシピにしています。 大人だけが食べる場合は、食塩やベーコンの量で味を調整してくださいね。

Recommends

Contents

すくすく写真館

子どもたちのおいしい笑顔、大募集! 写真の投稿をお待ちしています。


PageUp